書面の保管

  • 車の査定においては、事故歴がある車や、汚れや臭いがひどい車などが、マイナスの査定対象となってしまいます。
  • さらに注意すべきポイントとして、取扱説明書や保証証など、書類関係の管理による査定の影響です。
  •  
  • 車内に高級な装備品を搭載している人にとって、その査定額は気になるところ。 しかし、それら装備品の取扱説明書が保管されていなければ、高額査定には結びつかないという現状があります。 せっかく高額で高性能なカーナビなどを付けていたとしても、次にその車に乗ることになるオーナーが、その使い方が分からなければ、価値も半減してしまうということになります。
  •  
  • 愛車ゆえに、操作になれたそれらの装備品も、使い方が分からなければ、無用の長物と化してしまいます。
  • そんな装備品に、高額査定がつかないことは、容易に想像できることでしょう。
  •  
  • また、付属品の有無というのも、車査定の際の重要なポイントになります。 ですので、付属品についても、しっかりと保管しておくようにしましょう。
  • さらに、純正のパーツから社外品へと交換した場合には、元の純正品を正しく保管しておくようにしましょう。
  • 純正品の有無というのも、査定には影響してきますので、最新の注意を払って保管するようにしてください。
  •  
  • 次のオーナーのことを想像し、いかにすれば高額査定が受けられるのかをしっかりと考えた上で、日頃から、取扱説明書や保証証、純正品のパーツ保管などは、怠らないようにしてください。